貸切バス許可(一般貸切旅客自動車運送許可申請代行料) 28万円です。

観光バスや旅館が顧客を送迎する場合は、貸切りバスの許可が必要です。

無許可は白タクと呼ばれ、千葉県では警察により、処罰されました。

 

貸切バス許可許可申請は、初期費用がかかり大変です。

車両費や車庫に要する費用が一番の負担です。

営業所と車庫の距離が2km以内と制限されています。

大型車両でなければ3台からはじめられます。


許可のポイントは、設備・車両、人員、資金の3っです。

安さだけでなくスピードが一番のサービスです。

成功報酬ですのでご安心です。

電話相談は無料です。

一般貸切旅客自動車運送業許可(貸切バス許可)の許可基準

1 営業区域  都県区域

        ただし、隣接していて河川などで隔たりがないと

        その市町村も区域に含まれる。

 

2 営業所  ① 使用権限がある。

       ② 都市計画法・建築確認法等に違反していない。

       ③ 広さが適切である。

 

3 車両数  ① 営業所毎に3台以上あること。

         ただし、大型車を使用する場合は、営業所を要する

         区域毎に5台以上あること。

         尚、車両数が3台以上5台未満の場合は、中型車

         及び小型車を使用しての輸送に限定する旨の条件を

         つける。葬儀に参列する会葬客の運送に限る場合は、

         1台でも可能です。

 

4 車種   ① 大型車:車両の長さが、9m以上又は旅客席数が50席以上

       ② 中型車:大型車・中型車以外のもの。

       ③ 小型車:車両の長さが7m以下で旅客席数が29席以上。

           

         

 

5 事業用自動車 ① 事業用自動車の大きさ、構造等が輸送する貨物に

           適切である。

       ② 使用権限がある。

       

6 車庫   ① 原則として車庫に併設するもの。

       ② 計画する事業用自動車を全て収容できること。

         車両と車庫の境界及び車両相互間の間隔が50cm

         以上確保されていりこと。

       ③ 使用権限があること。

       ④ 都市計画法、農地法に違反していないこと。

       ⑤ 前面道路が、車両制限法に適合していること。

       

7 休憩・睡眠施設 ① 適切な設備があること。

       ② 十分な広さがあること。

       ③ 原則として、営業所又は車庫に併設していること。

          併設していない場合は、車庫と休憩・睡眠施設の距離が 

          2kmを超えないこと。

       ④ 使用権限を有すること。

       ⑤ 都市計画法・建築確認法・都市計画法に違反していない。

 

8 運行管理体制 ① 運転手を規定以上確保できる。

         ② 運行管理者・整備管理者を確保できる。

         ③ 勤務割・乗務割が、適合である。

         ④ 運行管理に対する指揮命令系統が明確である。

         ⑤ 点呼が確実に実施される体制がある。

         ⑥ 事故処理及び報告の体制が整備されていること。

         ⑦ 危険品の運送を行うには、消防法等に定める

           資格者が確保されている。

 

9 資金計画   所要資金の見積もりが適正で、かつ、資金調達

         について十分な裏づけがあること。

         開始資金は自己資金100%確保しなければならない。

         所要資金の50%以上を確保しなければならない。

          

10 法令順守 ① 貨物自動車運送事業の遂行に必要な知識を有し、

          その法令を遵守すること。

        ② 健康保法、厚生年金法、労働災害補償保険法

          雇用保険法に基づく社会保険等に加入すること。

        

          

 

 

9 損害賠償能力 ① 十分な損害補償能力があること。

         ② 危険物の輸送する場合は、適切な保険に

           加入すうなど十分な損害賠償能力を有すること。

一般貸切旅客自動車運送業許可申請(貸切バス許可申請)のフロー

貸切バス許可申請フロー

申請前チェックポイント!!

① 車庫の大きさは十分か ?

 

② 前面道路幅員は道路制限法に抵触しないか?

 

③ 役員等が欠格用件に該当しないか?

 

 自己資金は十分確保でいているか?

 

⑤ 営業所が、都市計画法や建築確認法に抵触しないか?

 

 

運行管理責任者と整備管理者

1 運行管理責任者 保有車両29台まで1名、以降30台ごとに1名

          追加

          資格要件:運行管理試験に合格した者

               5年以上の実務経験、かつ、その間に所定の

               講習5回以上修了


2 整備管理者   バス(乗車定員11人以上)  1台以上

          バス(乗車員30人以上)  1台以上

          バス(乗車員11人以上29人以下) 2台以上

改正点

 

資金計画で開始資金の100%の自己資金が必要になった。

 

 

貸切バス許可必要書類

法人のケース

1 所要資金及び事業開始に要する資金の内訳

  

2 自己資金の確保を裏づける書面

  決算書、預金残高証明書の原本等


3 事業用自動車の運転手の休憩・仮眠の施設の概要を記載した書面


4 事業の用に供する施設の概要及び付近の状況を記載した書類

  施設案内図、平面図(求積図)配置図、施設の使用権限を証する書面

  建築確認法、都市計画法、消防法、農地法等に抵触しないことの誓約書

  車庫前面道路の道路幅員証明書


5 定款の写し

  直近の貸借対照表

  役員又は社員の名簿及び履歴書


6 法人を設立しようとする場合は、次の書類

  認証のある定款、寄付行為の謄本

  発起人、社員又は設立者の名簿及び履歴書

  

許可後の手続き

毎年実積報告書等の提出が、必要です。

営業所を追加したり、車庫を変更したりした時は、変更認可申請が必要です。

新規同様、車両数や運行管理責任者等が求められます。

貸切バス許可の改正点

① 更新制になった。

② 運行管理責任者の要件が、試験だけになった。

③ 運行管理責任者の数が改正された。

④ 運転手の実務経験も問われるようになった。

④ 債務超過等の会社は、会社継続がはげしくなった。

事務所案内